そもそもオリジナルTシャツとは何か

オリジナルTシャツは、その名の通り市販されていないオリジナルのTシャツのことです。普通のTシャツはすでにデザインがなされた状態で売られていて、自分の好みに合わせて選んでいくことになります。その点、オリジナルの場合は自分の好みに合わせて作り出すことができるメリットがあります。どちらかというと、自分で作るのはファッション目的よりは、イベントのためなどに作られることが多いです。自作する方法は、パソコンで作ったデータを熱で転写するシートに印刷をして、アイロンで貼り付けるという方法は個人でもできます。また、シルクスクリーンに印刷をして転写する方法もあります。自分でやるためにはある程度パソコンの知識も必要になりますが、業者を利用すればそれがなくても作成可能です。

オリジナルTシャツの印刷の種類を知る

オリジナルTシャツを作りたい場合、まずは印刷方法の種類を覚えておくと良いです。それぞれ特徴が異なり、コストも変わってきます。Tシャツに綺麗に印刷できるとされる方法が、シルクスクリーンです。これは、版を作ってそれにインクを載せてTシャツにプリントしていく方法を採ります。版を作る必要があるため、業者を使った場合はその分の費用が別にかかることがあるので注意しておきましょう。ラバーインクは、生地にしみこまないインクで、生地の上に載せるタイプの印刷です。市販されている物もこの方法で刷られていることが多く、見た目で印刷部分が浮き出ている感じになっています。耐久性があるので、インクが落ちにくいメリットがありますが、縫い目や折り返し部分にインクだまりができてしまうデメリットがあります。

その他の印刷方法もあるので最適なものを選ぶ

しみこみタイプのインクを使った印刷もあります。ラバーインクと異なって、直接生地にインクをしみこませるので厚みが出ないメリットがあります。選択をするとなじんでいくので、使っているうちに風味が出てくるのでその変化も楽しむことができるでしょう。デメリットは、生地の色が濃い時に薄いインクを使うと、下地の色が透けてしまうことです。デジタル転写の方法もあります。これは専用のシートに印刷をして、そのシートをTシャツに圧着させる方法です。フルカラー印刷が可能である他、版が要らないので低コストでも作れるメリットがあります。このように、オリジナルTシャツを作るための印刷方法は様々で、業者に依頼するにしろ自作するにしろ、メリットとデメリットを考慮して最適なものを選ぶ必要があります。